< < MENU
初診の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら

眼瞼下垂 目に関するご説明

眼瞼下垂について

上まぶたが下がって、瞼が重く、目が開きづらくなる症状です。

原因

加齢によるもの:もっとも多い原因です。加齢により皮膚がたるんで重くなり、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)とまぶたを支える組織(瞼板)の結合がゆるくなるとまぶたを上げにくくなります。

  • ハードコンタクトレンスの長期装用によるもの
  • 先天性のもの
  • 外傷によるもの
  • 他の疾患に伴うもの(重症筋無力症、眼瞼腫瘍など)

症状

目を開いたときに上まぶたが黒目(角膜)の上方が少し隠れる高さより下がってくると、上方の視野が狭く感じられたり、外見が悪くなったりといった不都合が起こります。よく見えるように顎を挙げたり、さらに眼を開こうとして眉毛や額の力を使うなど、筋肉に負担がかかり、頭痛や肩こり、眼精疲労の原因になっていることもあります。
また見た目の印象として目が小さくみえます。眼をひらこうとして額にしわがよってしまうと、印象として老けてみえます。見えにくいために、無意識に顎を上げてみていることもあります。
先天性の場合は、視機能の発達に影響を与えることもあるため、早めに眼科で検査をお勧めします。

治療

手術適応があれば手術を行います。 治療は、下がっている眼瞼を上げ、視界を広くするように手術を行います。皮膚のたるみを取り、瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)を瞼板にしっかりと縫い付け、瞼が上がりやすくします。その際に術後の整容面についても患者様とご相談して、自然な印象の目元にします。

神田須田町アイクリニックでは、日帰りで眼瞼下垂手術を保険診療で行っています。術後は明るく視界が広がった上に、見た目も明るくなったというかたが多く、満足度の高い手術です。すっきりとした印象の顔つきになり、非常に自然な仕上がりになります。お気軽にご相談ください。