< < MENU
初診の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら

結膜炎 目に関するご説明

結膜炎について

結膜炎は白目の上の半透明な組織(結膜)の炎症で、主な原因は細菌やウイルスによる感染性結膜炎、アレルギー反応によって生じるアレルギー性結膜炎です。

細菌性結膜炎

*原因菌はインフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの他、免疫力低下のため常在菌や弱毒菌が原因になることもあります。

*抗菌点眼薬による治療を行います。

ウイルス性結膜炎

*原因ウイルスの多くはアデノウイルスで、は感染力が強く、多くの場合は人から人へと感染するので、注意が必要です。「はやり目」や「プール熱」もアデノウイルスによる感染性結膜炎です。エンテロウルイルスによる出血性結膜炎や、ヘルペスウイルスによる結膜炎もあります。

*抗ウイルス剤の点眼がなく、抗体が産生されて治癒するのを待ちます。消炎目的でステロイド点眼薬と感染予防目的で抗菌点眼薬を使用します。炎症が強く偽膜が認められる場合は除去します。

アレルギー性結膜炎

*アレルギーを引き起こすもの(アレルゲン)はすべて原因となりえます。もっとも多いのは花粉症(スギ花粉)に伴うアレルギー性結膜炎です。増殖性の春季カタルでは乳頭増殖があると、角膜に傷ができることもあります。
また、“コンタクトレンズがずれる”原因に、レンズの汚れによるアレルギーやレンズの刺激で、巨大乳頭化膿性結膜炎となっていることもありますので、コンタクトレンズの定期検査は必ず必要です。

*治療は抗アレルギー剤点眼が基本です。症状と状態によって、内服薬やステロイド点眼薬を使用します。

*神田須田町アイクリニックでは、アレルギー性疾患の原因精査と治療のために、採血によるアレルゲン検査を行っています(当日検査可能)。お子様でも痛みが少なく行える検査もありますので、お気軽にご相談ください。